フェブラリーS 2015 出走馬枠順と予想 本命:ワイドバッハ

東京2月開催ラストのメインはG1・フェブラリーステークス

 

出走馬枠順は以下の通り

 

枠 馬 馬名 斤量 騎手
1 1 ローマンレジェンド 57 岩田康誠
1 2 コーリンベリー 55 松山弘平
2 3 シルクフォーチュン 57 江田照男
2 4 コパノリッキー 57 武豊
3 5 カゼノコ 57 浜中俊
3 6 ハッピースプリント 57 吉原寛人
4 7 グレープブランデー 57 北村宏司
4 8 レッドアルヴィス 57 勝浦正樹
5 9 サンビスタ 55 デムーロ
5 10 ベストウォーリア 57 戸崎圭太
6 11 ワイドバッハ 57 蛯名正義
6 12 サトノタイガー 57 三浦皇成
7 13 ワンダーアキュート 57 ベリー
7 14 インカンテーション 57 内田博幸
8 15 キョウワダッフィー 57 福永祐一

8 16 アドマイヤロイヤル 57 横山典弘

 

【予想】
◎ワイドバッハ
○カゼノコ
▲コパノリッキー
注ワンダーアキュート

 

本命はワイドバッハにします。
常にラスト3Fのアガリをほぼ最速で伸びてくる馬。東京ダートコースはそうそう逃げ切れるコースでもなく、ましては今回はハイペースが予想されるので、武蔵野Sの再現になるのでは?この馬の末脚なら勝てなくとも複勝圏は堅いとみての本命です。

 

相手はカゼノコ。
最も優秀はステップレース川崎記念でホッコータルマエよりも速いアガリを使っての2着。確実に力をつけてきています。4歳世代の中ではダートトップホースだと思うので、相手筆頭で。

 

コパノリッキーは前走圧巻も出遅れる場合もあり。ハイペースでそのまま押し切ってしまうだけのポテンシャルは維持できており、今回も圧勝してしまうかもしれませんが、あえて3番手評価で。

 

穴はワンダーアキュート
東京大賞典では人気を裏切る形となりましたが、そもそも人気になったのはチャンピオンズCで速いアガリで5着を確保し、古豪健在とみたから。1戦ダメだっただけですごく人気を落とし過ぎでしょう。枠も最高の7枠に入れましたし、ベリー騎手も魅力。要警戒です。

 

ここまでご覧頂き有難うございました。

 

週末の競馬で大きい配当を狙いたい方に「ウマセン」という予想サイトを紹介します。

 

この競馬予想サイト。毎週土日の全ての競馬場の9〜11Rを予想、買い目を「全て無料」で公開しています。

 

買い目は馬連と3連単を公開。特に注目すべきは3連単。

 

2015年1月11日に行われたシンザン記念
このレースで3連単【43,840円】を的中させる事に成功しました。

 

基本3頭軸で買い目を組み立てており、この時軸にした3頭の理由を以下の様に解説していました。

 

この3頭を軸に3連単フォーメーションで
1着:9番 10番 12番
2着:3番 6番 8番 9番 10番 11番 12番
3着:3番 6番 8番 9番 10番 11番 12番

 

と、予想。結果は、、、

 

1着7枠 9番グァンチャーレ(2番人気5.0倍)
2着8枠11番ロードフェリーチェ( 9番人気18.5倍)
3着8枠12番フラガラッハ (3番人気6.9倍)

 

2-9-3番人気の組み合わせで3連単43、840円を見事的中させました。

 

人気どころを軸にしながらしっかりと伏兵馬を押さえているのは上手いと思いました。

 

2014年大きいところでは
3月1日の阪神10R山陽特別3連単【4→1→5】334,420円
4月13日の阪神9R忘れな草賞3連単【1→4→7】210,910円
6月7日の阪神11R鳴尾記念3連単【11→10→2】108,720円
12月28日の阪神11R千両賞3連単【9→16→6】233,500円
という高配当を的中。

 

最近では2015年2月15日の共同通信杯3連単【1→8→10】10,870円を的中させています。

 

買い目だけでなくデータ分析も充実。
各競馬場・コースの特徴(平均ラップ、枠別成績、脚質、種牡馬別成績)を公開。これだけでも十分予想に使える内容になっています。

 

予想を見るには登録が必要ですが、面倒な登録は必要なくメールアドレスを入力するだけでOK。アドレスもフリーメールで問題ないです。管理人もヤフーメールで登録しています。

 

バナーを貼っておきますので、3連単の買い方を参考にしてみたい方は、是非とも登録してみては如何でしょうか。

 

買い目だけでなくコース分析も充実。
各競馬場・コースの特徴(平均ラップ、枠別成績、脚質、種牡馬別成績)を公開。これだけでも十分予想の参考になると思います。

フェブラリーステークス 2015 予想 穴馬 サンビスタが怖い?

2015年 フェブラリーステークスの出走馬が確定しました。

 

馬名 斤量 騎手
シルクフォーチュン 57 江田照男
ワンダーアキュート 57 ベリー
アドマイヤロイヤル 57 横山典弘
ローマンレジェンド 57 岩田康誠
サトノタイガー 57 御神本訓
グレープブランデー 57 北村宏司
キョウワダッフィー 57 福永祐一
サンビスタ 55 デムーロ
ワイドバッハ 57 蛯名正義
インカンテーション 57 内田博幸
コパノリッキー 57 武豊
ベストウォーリア 57 戸崎圭太
コーリンベリー 55 松山弘平
カゼノコ 57 浜中俊
ハッピースプリント 57 吉原寛人

レッドアルヴィス 57 勝浦正樹

 

エアハリファの回避は残念でしたが、角居厩舎にはもう一頭実力馬がいます。

 

それは、サンビスタ。

 

昨年のJBCレディスクラシックの勝ち馬でチャンピオンズCでも15番人気ながら4着と大健闘。前走TCK女王盃ではCデムーロと初コンビで快勝。本番を迎えます。

 

すでにダート牝馬限定戦ならほぼ敵無しの状態。特に高いパフォーマンスを出したチャンピオンズCでは先行勢で決着したレースで差し追い込み馬の中では最先着。仮にコパノリッキーが順調に逃げて、ハイペースになっていたら、2着3着あったかもしれません。

 

今回は中4週。中央競馬で中3〜5週は【1-0-1-1】と結果を出していますし、6歳牝馬ながら可能性を感じさせます。

 

過去10年で牝馬が3着以内に入ったことはありませんが、そもそも4頭しか出走しておらず、最高はデアリングハートの7着。サンプル数が圧倒的に少ないですし、牝馬限定とはいえ交流ダートG1を勝った牝馬は今回が初。

 

斤量も当然2キロ軽いですし、かなり面白い1頭だと思いますが、いかがでしょうか?

フェブラリーステークス 2015 予想:ワイドバッハを検証

砂のG1・フェブラリーステークス

 

今回はワイドバッハです。

 

今最も強いダートの追い込み馬といえば、この馬ではないでしょうか。 前走根岸Sでは2着も上がりは勿論最速。これで4戦連続。2014年あたりからずっとこんな感じの競馬。ブレないです。

 

チャンピオンズCはコパノリッキーがまさかの出遅れでペースが落ちてしまったのが敗因。今回もコパノリッキー次第と言うところがありますが、恐らく速いペースで流れるはず。

 

今回はマイルの経験が少ない馬が多く、コパノリッキーがいるなら、付き合った先行馬が総崩れの中、一頭だけ次元の違う脚で差す競馬。不利さえなければおのずと結果が出せるのでは?末脚に賭ける価値、あると思います。

フェブラリーステークス 2015 予想:カゼノコ世代交代なるか

フェブラリーSで気になる1頭。

 

今回はカゼノコを検証します。

 

過去10回中7回複勝圏に入っている前走川崎記念組。ホッコータルマエ回避でこの馬が最先着馬に。ローテとしては最も相性がいいです。

 

実は前走でホッコータルマエよりも速いアガリ。このレースで3着までに入っていれば、十分射程圏内。東京ダート1600mはアガリ最速を叩きだしそうな馬を狙うのが定石だと個人的には考えているので、前走のレース内容は評価できます。

 

気がかりなのは1800m以下のダートコースを経験していない事。距離短縮の方がいいと思うのですが、前走以上のハイペースに対応できるか?4コーナー時点であまりに後ろ過ぎるとさすがに届かないと思うので、適度な位置をキープできて最後の直線で脚が残っているか?(こういう1600mが未経験の馬、今年は本当に多いです)

 

チャンピオンズCはまさにそんな感じのレースでした。今回はこのレースで勝った浜中騎手なので、上手くエスコートしてくれる事を期待したいと思いますが、さて、、、

 

ここまでご覧頂き有難うございました。

フェブラリーステークス 2015 予想:ワンダーアキュート復活なるか?

いよいよ2015年の中央競馬G1開幕。
今回はワンダーアキュートです。

 

高年齢ながら常に好走し、昨年も帝王賞でコパノリッキーに快勝。ただ、秋以降はJBCクラシックこそ3着もここ2戦は5着、7着とさすがに衰えを感じさせる成績となってきました。

 

果たして、復活はあるのでしょうか。

 

フェブラリーSは3回走って3着が2回。ただアガリの脚は常にメンバー中3位以内につけており、前走こそ惨敗したものの、チャンピオンズCでは上がりはメンバー中3位につけており、まだ前走だけで見限るのは少し速いように思えます。

 

今回はベリー騎手でヤネは乗り代わりも問題なし。

 

レース自体は個人的には単純に考えており、コパノリッキーが先行して、ハイペースで他の先行馬をつぶし、後は差し追い込み馬がどれだけ脚を伸ばせるか、という展開を想定。

 

であれば、まだアガリで負けないと思うので、いい勝負になるのでは?

 

使い込んだ方がいいタイプですし、前走も最近のベスト体重にはもう少し絞れても良かったかも。

 

前走の様に前に着いていかず、後方でじっとされた場合は怖い存在です。

フェブラリーステークス 2015 予想 ローマンレジェンドを検証

ダートG1・フェブラリーステークス

 

今回はローマンレジェンドです。

 

休み明けのチャンピオンズCで惜しくも3着。そのまま勢いに乗れるかと思われましたが、東京大賞典では、昨年同様いいところ無く5着。やっぱりこの馬は休み明けです。

 

これまでの実績をみると、中央開催のみですが中5週までのレース間隔の時は【3-1-0-3】と比べ、中6週以上だと【6-0-2-0】と好調。

 

今回は中7週。高いパフォーマンスが出せる状態です。昨年のエルムステークスは休み明けを重馬場とはいえかなり速いペースを4番手追走し、そのままクリノスターオーと叩き合いを制する内容。

 

実績はあるので、もしかしたらコパノリッキーに唯一ついていけるのはこの馬かもしれません。岩田騎手なら人気薄でも怖いですね。面白いと思います。

フェブラリーステークス 2015 予想 コパノリッキー連覇あるか?

勿論1番人気はこの馬でしょう。

 

今回はコパノリッキーです。

 

前走東海Sを2番手追走し快勝。追走したナムラビクターが先に根を上げ、自身もアガリ2位とケチのつけようの無い内容。

 

ホッコータルマエ不在の今回は大チャンスです。

 

ここ直近10年で8回4コーナー4番手以内にいた馬が複勝圏に入っているG1。成績だけみれば先行勢が有利。これまでも実力のある先行馬が全体のアガリで2、3位ぐらいを叩き出して後続を寄せ付けないというパターン。

 

昨年のコパノリッキーは逃げてアガリが全体の3位。そこからアガリ3位以内の脚が出せなかったのは出遅れたチャンピオンズCだけ。出遅れさえなければ大丈夫だと思います。

 

とにかくこの馬に関してはスタートだけですね。それが気になる、もしくは出遅れ前提で馬券を組み立てるなら、無印にして追い込み馬を多く持っていればいいと思います。

フェブラリーステークス 2015 出走馬(登録馬)にコパノリッキーらが登録。過去の傾向など

今年もこのレースから中央G1は始まります。ダートG1フェブラリーS

 

登録馬は以下の通り

 

馬名 性齢 重量 騎手(前走)
アドマイヤサガス 牡7 57 和田
アドマイヤロイヤル 牡8 57 内田博
インカンテーション 牡5 57 大野
エアハリファ 牡6 57 三浦
カゼノコ 牡4 57 秋山
キョウエイアシュラ 牡8 57 石橋脩
キョウワダッフィー 牡7 57 福永
グレープブランデー 牡7 57 北村宏
コーリンベリー 牝4 55 松山
コパノリッキー 牡5 57 武豊
ゴールスキー 牡8 57 ベリー
サトノタイガー 牡7 57 御神本
サンビスタ 牝6 55 Cデムーロ
シルクフォーチュン 牡9 57 ブノワ
ハッピースプリント 牡4 57 吉原寛

ベストウォーリア 牡5 57 戸崎圭
ベルゲンクライ 牡5 57 吉田豊
レッドアルヴィス 牡4 57 Cデムーロ
ローマンレジェンド 牡7 57 岩田
ワイドバッハ 牡6 57 武豊
ワンダーアキュート 牡9 57 武豊

 

【過去10年の傾向】
逃げ:2連対
先行:7連対
差し:6連対
追込:6連対
ダートなので先行有利に思えますが、意外と差し追込がハマるG1。10年間で4角10番手以下に付けていた馬が直線だけで6回も3着以内に入っています。追込馬だからといって軽視は禁物。
逆にアガリ最速を叩き出せそうな馬を探した方が狙いを絞りやすいかもしれません。

 

【ステップレース別】
川崎記念:6連対
東京大賞典:4連対
JCダート(チャンピオンズC):3連対
根岸S:3連対
その他:4連対

 

ステップレース別で見ると、最も優秀なのは川崎記念の6連対。10年内で実に7回も複勝圏に入っており、非常に優秀な組です。川崎記念から来た馬は前走で最低掲示板に入っている事が条件。
次にいいのは東京大賞典組。連対馬は4頭ですが、複勝圏を含めると10年間で7回も馬券の対象になっています。
相手としてはとても優秀ですが、東京大賞典とフェブラリーSを連勝したのはヴァーミリオン1頭のみ。

 

単勝では買いづらい組です。JCダートから連対した馬は全て勝ち馬のみ。これはJCダートが東京から阪神に変わっても
傾向が変わらない事から、チャンピオンズCとして中京に変わっても同じでしょう。
この組は勝ち馬のみが連対。レース間隔が川崎記念、東京大賞典よりも空きますので、勝ち馬以外は厳しいとみます。

 

【注目馬】
・コパノリッキー
前走の東海Sで圧巻のパフォーマンス。今回はホッコータルマエが不在。武豊騎手に乗り変わって更に成績が安定しそうな2015年。出遅れさえなければ連覇も濃厚だと思います。

 

・エアハリファ
前走待望の重賞勝ち。18戦して掲示板を外したのはわずか1回のみ。東京ダート1600mなら【2-2-0-0】とこのコースは最も高いパフォーマンスを出せる舞台。ハイペースに巻き込まれても凌いで2着に入った武蔵野Sを見る限り、本物だと思います。

 

・カゼノコ
昨年のJDDでハッピースプリントの3冠を阻止。復帰2戦は惨敗も前走川崎記念でようやくらしさを見せた2着。川崎記念の最先着馬として、距離短縮で上位馬に一泡吹かせる事ができるか?若干マイルは短い気もしますが、アガリだけなら見劣りしないので、怖い存在です。