40代 自称競馬好きの女

2016NHKマイルカップを制するのはどの馬か


今年のクラシック世代の牡馬は、ここ数年でも屈指と呼ばれる層の厚さがあり、今から春が楽しみという競馬ファンも多いかと思いますが、勿論自分もその1人です。当然有力馬の多くが、皐月賞から日本ダービーという出走の流れかと思いますが、これだけメンバーが揃うと、例年よりNHKマイルカップに流れる有力馬も例年より多くなるのではないでしょうか?通常であれば皐月賞掲示板(5着以内)であれば十分優勝争い出来るレベルですが、今年に関して言えば、馬券圏内(3着以内)であっても、ややダービーの距離不安があるような馬が出走してくる可能性も十分あり得ますし、出走馬全体のレベルも高くなる可能性があると思われます。

 

それを前提にしてみると、現時点ではダービーではやや距離不安がありそうで、既にマイル近辺での重賞好走歴があるという馬が、今年のNHK馬マイルカップ優勝のパターンに当てはまりそうな感じがします。しかも出来れば皐月賞は勝てないことも条件となりそうです。皐月を勝った陣営はどうしてもダービーに歩を進めたくなりますから。

 

それらを考慮した上で真っ先に頭に浮かぶのが、東京スポーツ杯を制したスマートオーディンではないでしょうか?スローだったとは言え上がり3F(600m)を32秒台で差し切った末脚は、府中でこそというイメージですし、父親のダノンシャンティもNHKマイルカップの覇者です。皐月賞が向いているという感じもしませんし、有力馬の筆頭だと思います。もう1頭はエアスピネルでしょう。デイリー杯を制し、朝日杯も2着とマイルは得意です。かと言って、リオンディーズとの対戦を見ると、クラシックで勝ち切るかどうかも微妙です。ただ、血統的には2400mは十分守備範囲と見られ、陣営的にもダービーを狙ってきそうですし、こちらは出走可能性自体がスマートより低いと見られます。

 

よって、2016年初頭のNHKマイルカップ覇者の予想としては、スマートオーディンとさせていただきます。

 


50代 サラリーマンの予想

2016年NHKマイルカップ(GT)予想


少し気が早い気もしますが、来年のNHKマイルカップの予想をしてみたいと思います。
まず今の時点で出走の確率が高い馬は、朝日杯組となるでしょう。ホープフルステークス組も朝日杯組にも劣らないメンバーでしたがレース自体が2000mですし、ここに出走した馬達はクラシックに向かう確率が高いと思われます。
朝日杯出走メンバーでNHKマイルに出走した場合、能力上位と思われる馬を挙げてみたいと思います。

 

◎リオンディーズ
デビュー28日、キャリア2戦で朝日杯を制する離れ業を成し遂げた同馬。そのレース内容も圧巻で、外枠から大外を回して、圧倒的1番人気のエアスピネルを差し切るという内容。出走となれば勝ち負け必死でしょう。

 

〇エアスピネル
圧倒的な1番人気の朝日杯では、リオンディーズから4分の3馬身遅れた2着に敗れてしまった同馬ですが、3着には4馬身差をつけており決して悲観する内容ではありませんでした。
今後の成長によっては逆転候補の1番手。

 

▲シュウジ
朝日杯では5着に敗れてしまった同馬。しかし、勝利したレースの勝ちっぷりは非凡な素質を感じる内容。現状では1600mの距離が長いような感じですが、3歳春短距離馬のビッグレースといえばNHKマイル。陣営もマイルがこなせるような調教をこれからしていくのでは、と考えています。

 

上記3頭が出走となれば、この3頭からの馬券を考えています。

 


50代 サラリーマンの予想

2016年NHKマイルCの予想


今から5か月後のレースを予想するなんて超難解ですね。
これからも続々と有力馬が出てくるので、あくまで現段階で予想をさせていただきます。
まず賞金を見て出られる馬をピックアップしなくてはいけませんね。そうなると、現時点でオープン馬ばかりになってしまいますがご了承ください。

 

本命最右翼はスマートオーディンです。
父はNHKマイルCの覇者ダノンシャンティ。父の父はフジキセキですので、2000mは良くても2400mはドンと来いというタイプではないでしょう。東京スポーツ杯2歳Sの勝ちっぷりは、切れ味抜群の優秀なもの。故障も無く順調に駒を進められるのであれば、現段階ではこの馬が最右翼なのではないでしょうか。
今期は鞍上の武豊が重賞勝ち馬がたくさんいますので、継続騎乗を加味すればこちらの路線が現実的なような気がします。

 

次点ではシュウジですね。
気性の勝ったタイプで若干距離が長いようにも感じますが、上手くインコースで脚を溜められれば弾ける可能性はあります。
朝日杯FSでも掛かり気味でありながら5着入線はさすがです。
気性面の成長が課題ですが、スピードは世代随一なのでその点に期待ですね。

 

最後はイモータルです。
サウジアラビアロイヤルCは展開のアヤで負けてしまい、少しケチが付いてしまった感じですね。ただ新馬戦の勝ちっぷりは強烈であり、クラシックでも可能性を感じさせる馬であることは間違いありません。朝日杯FSは無理やり合わせてきた感じでしたので、一息入れて立て直しがきけば十分にやれるでしょう。

 

その他、出走してくればロードクエストやメジャーエンブレムも勝てるだけの力はありますね。もっとも、クラシック本線へ出走して出てくることは無いでしょうが。