中山記念と阪急杯 2015 予想

日曜メインレースのG2中山記念、G3阪急杯の予想です。

 

【阪急杯 予想】
◎レッドオーヴァル
○コパノリチャード
▲オリービン
△サドンストーム
△ダノンシャーク
注アミカフルナンバー

 

軸はレッドオーヴァルにしました。
前走は前残りの競馬で展開が向かず。今回は開幕週とはいえ、京都の芝1200mほど逃げ馬有利なコースではないので、再度期待。休み明けも複勝率は高いですし、斤量も短距離になれば斤量の軽さが、より有利になるのもいいですね。

 

相手はステップレースとして好調な阪神C組からコパノリチャードとオリービン。

 

それ以外だと内枠が好調なので、サドンストーム、ダノンシャーク、アミカフルナンバー辺りを押さえておきたいと思います。

 

【中山記念 予想】
◎ロゴタイプ
○イスラボニータ
▲ヌーヴォレコルト
△ステファノス
△タガノグランパ
注ナカヤマナイト

 

本命はロゴタイプにします。
今回の出走メンバーの中で最も中山適性の高い馬。過去5戦して【3-1-1-0】で3勝は全て重賞。ダートから芝代わりですが、前走根岸Sからなら過去にも好走例はあるので、カレンブラックヒルの時の様にはならないと思います。

 

相手はイスラボニータ。
前走初の大敗でしたが、JCは血統的にも距離は長いので、あのレベルになるとごまかしが効かなかったので参考外。鉄砲実績もあるし、中山も問題なし。雨も降らなさそうなので、いいと思います。本命ー対抗は枠がより内の方が有利と見ての印なので、ほぼ互角。

 

ヌーヴォレコルトは牝馬ながら1線級の馬。牝馬はまったくきていませんが、そもそものサンプル数が少ないし、内枠のいいところに入ったので、見限れません。

 

後はステファノス、タガノグランパ、ナカヤマナイト辺りもヒモで加えておきます。

阪急杯 2015 予想 ミッキーアイル勝利なるか?

高松宮記念に最も近いステップレース。阪急杯の出走馬が確定しました。

 

馬名 斤量 騎手
マジンプロスパー 56 北村友一
メイショウヤタロウ 56 藤田伸二
リヴェレンテ 56 幸英明
ハノハノ 56 酒井学
ダノンシャーク 58 福永祐一
サドンストーム 56 国分優作
オリービン 56 ルメール
アミカブルナンバー 54 四位洋文
ダイワマッジョーレ 56 デムーロ
レッドオーヴァル 54 戸崎圭太
プリムラブルガリス 56 小牧太
ローブティサージュ 54 池添謙一
エールブリーズ 56 秋山真一
コパノリチャード 58 武豊
ニホンピロアンバー 54 藤岡佑介

ミッキーアイル 58 浜中俊

 

G1馬3頭が出走する今年の阪急杯。恐らくハナを切るのはミッキーアイルでしょう。
昨年秋はスワンステークスで最後ゴール前で流すしぐさを見せて圧勝。本番も期待できるかと思いましたが、マイルCSは13着、続く阪神Cも7着といいところなく敗退。とにかくハナに立たないとダメな馬になった感があります。

 

2歳時に素質を活かす競馬を教えた結果の弊害が古馬になって出てきてますね。個性的ではありますが、ちょっともったいないと思います。

 

ただ、今回は休み明け。鉄砲掛け【2-0-0-0】とレース間隔を空けた時が最も高いパフォーマンスを出すタイプ。コパノリチャードにハナを取られなけば、素質上位なだけに、勝ち負けまであるとは思います。

 

ここまでの成績から単勝もそこそこ付くと思いますし、1着もしくは惨敗のどちらかだと思って単勝勝負が面白いと思います。

中山記念 2015 予想 伏兵タガノグランパが怖い?

今年の中山記念で人気はイスラボニータだと思うのですが、取り上げるのは、あえてのタガノグランパです。

 

前走休み明けの東京新聞杯では10着と惨敗。休み明けにも関わらず馬体重10キロ減。ちょっと調整ミスがあったかもしれませんし、大外枠は外が伸びなかった時期の東京競馬場では不利だったように映りました。

 

今回は一度叩いた後での参戦。過去に中山記念で穴を開けた馬はほぼマイル路線で前走惨敗した馬が変わり身を見せた場合。タガノグランパも過去の穴馬の臨戦過程に近いものがあります。

 

中山は皐月賞で惨敗した1回のみ。候補馬までまったく話にならなかったのですが、ダービーで激走して、秋にはセントライト記念3着、菊花賞4着と人気以上に結果を出していました。

 

皐月賞の結果から中山適性がまったくなければ、ここも用なしとなってしまいますが、中京の急坂もこなしてますし、もう1戦みてみたいという思いもあります。

 

これまでの成績をみても、非根幹距離で結果を出してますし、一変がある要素を多分に含んでいます。人気がなければ面白いと思いますが、いかがでしょうか?

中山記念 2015 出走馬(登録馬)にイスラボニータらが登録。過去の傾向など

伝統のG2・中山記念

 

登録馬は以下の通り

 

馬名 齢 重量 騎手(前走)
イスラボニータ 牡4 57 蛯名
ステファノス 牡4 55 戸崎圭
セイルラージ 牡8 56 岩田
ゼンノルジェロ 牡7 56 熊沢
タイキパーシヴァル 牡7 56 石橋脩
タガノグランパ 牡4 55 菱田
トラストワン 牡7 56 松岡
ナカヤマナイト 牡7 56 柴田善
ヌーヴォレコルト 牝4 54 岩田
ヒラボクディープ 牡5 56 国分優
マイネルフロスト 牡4 55 松岡
ルルーシュ 牡7 56 福永
ロゴタイプ 牡5 57 Cデムーロ

 

【過去10年の傾向】
脚質別でみると
逃げ:4連対
先行:5連対
差し:9連対
追込:2連対

 

逃げ馬は4連対も過去10年で7回複勝圏に入っています。中山開幕週と言う事もあり、数字以上に先行勢有利。差し馬であっても4コーナー時点で6,7番手につけられないと厳しいです。

 

ステップレースは結構バラバラ。ただ、ここを今年の始動戦に選んだ馬が強いので、2ヶ月以上の休み明けの馬が11連対。実績上位の馬がそのまま連対してくるイメージです。

 

枠は内枠有利。過去10年で1〜3枠が10連対。複勝圏まででいいなら10回中9回。人気関係なく、内枠有利です。

 

また、リピーターが多い重賞。中山適性の高い馬が多少能力を落としていても適正の高さでどうにかなってしまいます。

 

【注目馬】
・イスラボニータ
秋は天皇賞秋を最大目標に掲げ、最後の直線で一瞬すごい脚を使うもそこで勢いが止まっての3着。JCは展開不向きで度外視していいでしょう。皐月賞を勝っているのだから、中山適性もあり。フジキセキ産駒らしく、マイルから中距離まででパフォーマンスが出せる馬だけに、ここでは勝ち負けにならないといけないでしょう。

 

・ヌーヴォレコルト
牝馬トップクラスが中山牝馬Sの斤量を嫌ってここへ。昨年の牝馬戦線で安定した成績が牡馬相手に通用するか。ハープスターが出だし挫いたので、こちらは見せ場をつくりたいところですが、初の中山がどうか?

 

・タガノグランパ
前走惨敗も過去に何頭も惨敗した馬がここで好走した例が多い重賞。前走休み明けを一度叩いて変わり身あるか?平坦よりも急坂の方が結果を出してますし、中山初でも普通にこなせそう。要警戒です。

小倉大賞典 2015 出走馬枠順と予想 本命:レッドレイヴン

日曜の小倉メインレースは伝統のG3小倉大賞典

 

出走馬枠順から

 

枠 馬 馬名 斤量 騎手
1 1 ダコール 57 藤岡佑介
1 2 コスモソーンパーク 56 丹内祐次
2 3 アロマティコ 54 藤岡康太
2 4 ラングレー 54 和田竜二
3 5 ウインマーレライ 54 松岡正海
3 6 カレンブラックヒル 58 秋山真一
4 7 スマートギア 54 津村明秀
4 8 マデイラ 53 吉田隼人
5 9 ヒットザターゲット 58 古川吉洋
5 10 キャトルフィーユ 55 バルジュ
6 11 マコトブリジャール 52 四位洋文
6 12 ハナノシンノスケ 52 岡田祥嗣
7 13 マイネルミラノ 55 柴田大知
7 14 メイショウナルト 58 田辺裕信
8 15 ミッキードリーム 56 酒井学

8 16 レッドレイヴン 56 柴田善臣

 

【予想】
◎レッドレイヴン
○ダコール
▲ラングレー
注メイショウナルト

 

本命はレッドレイヴンにします。
休み明けの前走ディセンバーSでも快勝。叩き2戦目【1-1-0-1】と好調ですし、藤沢厩舎にありながら直線の短い小回りコースを使われているあたり、馬場適性も高いとみました。これで56.5キロならいいと思います。

 

相手は、小倉でそれなりに走るダコール、勢いのあるラングレー、夏の小倉で結果を出し続けてきたメイショウナルトを押さえておきたいと思います。

フェブラリーS 2015 出走馬枠順と予想 本命:ワイドバッハ

東京2月開催ラストのメインはG1・フェブラリーステークス

 

出走馬枠順は以下の通り

 

枠 馬 馬名 斤量 騎手
1 1 ローマンレジェンド 57 岩田康誠
1 2 コーリンベリー 55 松山弘平
2 3 シルクフォーチュン 57 江田照男
2 4 コパノリッキー 57 武豊
3 5 カゼノコ 57 浜中俊
3 6 ハッピースプリント 57 吉原寛人
4 7 グレープブランデー 57 北村宏司
4 8 レッドアルヴィス 57 勝浦正樹
5 9 サンビスタ 55 デムーロ
5 10 ベストウォーリア 57 戸崎圭太
6 11 ワイドバッハ 57 蛯名正義
6 12 サトノタイガー 57 三浦皇成
7 13 ワンダーアキュート 57 ベリー
7 14 インカンテーション 57 内田博幸
8 15 キョウワダッフィー 57 福永祐一

8 16 アドマイヤロイヤル 57 横山典弘

 

【予想】
◎ワイドバッハ
○カゼノコ
▲コパノリッキー
注ワンダーアキュート

 

本命はワイドバッハにします。
常にラスト3Fのアガリをほぼ最速で伸びてくる馬。東京ダートコースはそうそう逃げ切れるコースでもなく、ましては今回はハイペースが予想されるので、武蔵野Sの再現になるのでは?この馬の末脚なら勝てなくとも複勝圏は堅いとみての本命です。

 

相手はカゼノコ。
最も優秀はステップレース川崎記念でホッコータルマエよりも速いアガリを使っての2着。確実に力をつけてきています。4歳世代の中ではダートトップホースだと思うので、相手筆頭で。

 

コパノリッキーは前走圧巻も出遅れる場合もあり。ハイペースでそのまま押し切ってしまうだけのポテンシャルは維持できており、今回も圧勝してしまうかもしれませんが、あえて3番手評価で。

 

穴はワンダーアキュート
東京大賞典では人気を裏切る形となりましたが、そもそも人気になったのはチャンピオンズCで速いアガリで5着を確保し、古豪健在とみたから。1戦ダメだっただけですごく人気を落とし過ぎでしょう。枠も最高の7枠に入れましたし、ベリー騎手も魅力。要警戒です。

 

ここまでご覧頂き有難うございました。

 

週末の競馬で大きい配当を狙いたい方に「ウマセン」という予想サイトを紹介します。

 

この競馬予想サイト。毎週土日の全ての競馬場の9〜11Rを予想、買い目を「全て無料」で公開しています。

 

買い目は馬連と3連単を公開。特に注目すべきは3連単。

 

2015年1月11日に行われたシンザン記念
このレースで3連単【43,840円】を的中させる事に成功しました。

 

基本3頭軸で買い目を組み立てており、この時軸にした3頭の理由を以下の様に解説していました。

 

この3頭を軸に3連単フォーメーションで
1着:9番 10番 12番
2着:3番 6番 8番 9番 10番 11番 12番
3着:3番 6番 8番 9番 10番 11番 12番

 

と、予想。結果は、、、

 

1着7枠 9番グァンチャーレ(2番人気5.0倍)
2着8枠11番ロードフェリーチェ( 9番人気18.5倍)
3着8枠12番フラガラッハ (3番人気6.9倍)

 

2-9-3番人気の組み合わせで3連単43、840円を見事的中させました。

 

人気どころを軸にしながらしっかりと伏兵馬を押さえているのは上手いと思いました。

 

2014年大きいところでは
3月1日の阪神10R山陽特別3連単【4→1→5】334,420円
4月13日の阪神9R忘れな草賞3連単【1→4→7】210,910円
6月7日の阪神11R鳴尾記念3連単【11→10→2】108,720円
12月28日の阪神11R千両賞3連単【9→16→6】233,500円
という高配当を的中。

 

最近では2015年2月15日の共同通信杯3連単【1→8→10】10,870円を的中させています。

ダイヤモンドステークス 2015 予想 本命:シャンパーニュ

土曜の東京メインレースはG3ダイヤモンドステークス

 

早速予想に入りたいと思います。

 

【予想】
◎シャンパーニュ
○ファタモルガーナ
▲フェイムゲーム
△アドマイヤフライト
注ニューダイナスティ

 

本命はシャンパーニュにします。
前走万葉Sでは斤量7キロ減も味方し2着。今回もファタモルガーナとのハナ争いになりそうですが、コチラの方がステイヤー色が強いですし、斤量も51キロと引き続きプラスに働きそう。菊花賞を制した酒井騎手にも期待。

 

相手は長距離重賞で結果を出したファタモルガーナ、一度叩いて上積みがありそうなフェイムゲーム、2月までなら走ってくれそうなアドマイヤフライト、長距離で一変したディープ産駒ニューダイナスティあたりを押さえておきたいと思います。

フェブラリーステークス 2015 予想 穴馬 サンビスタが怖い?

2015年 フェブラリーステークスの出走馬が確定しました。

 

馬名 斤量 騎手
シルクフォーチュン 57 江田照男
ワンダーアキュート 57 ベリー
アドマイヤロイヤル 57 横山典弘
ローマンレジェンド 57 岩田康誠
サトノタイガー 57 御神本訓
グレープブランデー 57 北村宏司
キョウワダッフィー 57 福永祐一
サンビスタ 55 デムーロ
ワイドバッハ 57 蛯名正義
インカンテーション 57 内田博幸
コパノリッキー 57 武豊
ベストウォーリア 57 戸崎圭太
コーリンベリー 55 松山弘平
カゼノコ 57 浜中俊
ハッピースプリント 57 吉原寛人

レッドアルヴィス 57 勝浦正樹

 

エアハリファの回避は残念でしたが、角居厩舎にはもう一頭実力馬がいます。

 

それは、サンビスタ。

 

昨年のJBCレディスクラシックの勝ち馬でチャンピオンズCでも15番人気ながら4着と大健闘。前走TCK女王盃ではCデムーロと初コンビで快勝。本番を迎えます。

 

すでにダート牝馬限定戦ならほぼ敵無しの状態。特に高いパフォーマンスを出したチャンピオンズCでは先行勢で決着したレースで差し追い込み馬の中では最先着。仮にコパノリッキーが順調に逃げて、ハイペースになっていたら、2着3着あったかもしれません。

 

今回は中4週。中央競馬で中3〜5週は【1-0-1-1】と結果を出していますし、6歳牝馬ながら可能性を感じさせます。

 

過去10年で牝馬が3着以内に入ったことはありませんが、そもそも4頭しか出走しておらず、最高はデアリングハートの7着。サンプル数が圧倒的に少ないですし、牝馬限定とはいえ交流ダートG1を勝った牝馬は今回が初。

 

斤量も当然2キロ軽いですし、かなり面白い1頭だと思いますが、いかがでしょうか?