30代 女性 競馬好きの女

競馬新聞以外で見ておきたいこと


女性イラスト
予想の際競馬新聞の印を見て馬券を購入する方が沢山いると思いますが、私も競馬新聞の情報を参考にして購入をしています。


その際の前走の内容や調教タイムなどは新聞で分かりますが、パドックで出た時の馬体重や馬の状態、重たい馬場は走るか、更にはジョッキーの状態にも注目しています。


特に最近はジョッキーの状態に注目をしています。と言うのは、波に乗れているジョッキーと言うものは不思議なものでどのスポーツのアスリートにも言えるのですが結果を残しやすいからです。


例えば、相撲で言えば平幕で連勝を積み重ねて自信をつけた力士が上位力士まで負かしてしまうということがよくありますが、その理論が実は競馬にも言えるのではと考えています。なので、調子のよいジョッキーは誰かと言うものにも着目して馬券を購入しています。
みなさんは武豊をご存知でしょう。彼をよく観察してみるとわかると思います。


また、今年のリーディングは誰かと言うこともそうですが、今日の開催日でどのジョッキーが馬券に絡んでいるかも見ています。逆に、波に乗れていない、なかなか勝ち星が挙げられないジョッキーはどんなに良い馬に乗っていても見送っています。


好きなジョッキーがいても、調子が悪かったら見送り、相性が悪いジョッキーでも調子が良ければ馬券購入の対象にしています。ちなみに私の予想の際の順位は、馬の状態、ジョッキーの状態、コース適正、血統という順番で見ています。ですので、馬券を購入するときは必ずパドックを見てから購入しています。
競馬予想をするときは、新聞なんかみずにパドックを見るほうがよほど勝率が上がると思います。
例えば、馬の気性が荒くなっている状態などよくわかりますし、仕上げが完璧だと、毛艶も良くて、筋肉がしっかりしているのが見て取れます。参考にしてください。


50代 男性 パティシエ

競馬予想スタイルに正解はありません


パティシエ
私自身は競馬歴が20年以上になるまさしくベテランです。競馬が趣味というよりもライフワークとなっています。ですが競馬が大好きであろうと初心者であろうと競馬予想については正解はないと思います。


もちろん、競馬をすべてのレースで的中させることができない以上、ようするに100パーセントの正解はないといえるわけですから。ただし、的中率を少しでも上げる、回収率を少しでも上げるという意味ではいろいろなスタンスで競馬予想を行うことでその確率は変わってくるわけです。


今の競馬予想は馬場指数、競走馬のスピード指数という数値化して予想をするスタイルも出てきてはいますが基本的な過去のレース結果、調教結果、騎手と調教師の相性といったベースとなる要素ももちろんあるわけです。


私自身は20年の中で自分が前述のようなファクターの中から何を重視するのかを決めて今は予想して馬券を購入しています。しかしながら、自分の予想スタイルそのものが正解とは思っていません。自分なりのスタンスをキープしながらも少しずつ購入する馬券の種類や買い方におけるファクターの重みの置き方を変えていきながら競馬を楽しんでいきたいと思います。競馬予想は人それぞれでよく、正解はないのです。


そのようにして、培ったノウハウを駆使しながら競馬を楽しむのが、個人の楽しみになり、人に競馬の楽しみを教わるのではないのかもしれませんね!


20代 男性 水道工事店

競馬予想は人気が割れているレースを待つことが重要


水道工事員
競馬予想をするときのスタンスとして、馬券を買いたいレースを予想するのではなく、オッズや出走馬を見て、条件が揃ったレースを買った方が良いということがあると思います。


これはどういうことか?というと、ガチガチに固いレースの場合は馬券の旨味が少ないです。かといって、固い馬に大金をかける勇気もなかなかないでしょう。


単勝1.2倍くらいの馬に人気が集中している場合、その馬がらみの馬券をどうしても買わないといけない状況ですよね。


まず馬券圏内は外さないだろうと思えるからです。ただ、人気の馬がらみの馬券は当たっても配当としては大した金額になりません。もちろん、外れるリスクも一応あるわけです。ローリスクローリターンという場合には、あえてリスクを犯す必要はないと思います。


ローリスクハイリターンのレースを待って、そういうレースの馬券を買うと良いでしょう。例えば、単勝1桁倍の馬が何頭もいるような人気が割れているレースです。


この場合、どの馬がきてもおかしくないですし、どの馬が来てもある程度の高配当になりやすいのです。穴馬を狙ってもそれがくる可能性も期待できる状態で、少ない金額でも大きな配当になる可能性があることからローリスクハイリターンのレースになる可能性があります。


どんな馬が来てもおかしくないようなレースの方がドキドキもありますし、高配当を現実的に狙えるという意味では、こういったレースがくるのをまって、そのレースに賭けると良いと思います。


そうすれば、100円なのに、1万円以上の配当になったりと夢がありますからね。
こう考えると、競馬予想もひとそれぞれの楽しみ方があると言えますね!


40代 男性 サラリーマン

競馬とは崇高な推理小説である!


サラリーマン
競馬予想とは崇高な推理小説のようなものです。
何故なら、レースが終わると必ず結果が出るからです。
例えばこの結果は、推理小説だとすると犯人に該当します。
出馬表には容疑者がずらりと並びます。


そのどれもが怪しく、アリバイもあやふやです。
そこからが推理者である我々のセンスの見せ所です。
どのような切り口で犯人を炙り出していくのか。
前走の成績からなのか、共犯者たりえる騎手や調教師からなのか、それとも出自に該当する血統からなのか、展開から見ていくのか。
もしくは完全なる勘、直感、もしくは名前が面白いから、時事ネタ、何でも良いでしょう。
とにかく犯人を炙り出していくには、各自のセンスが問われることになります。


ただし、これが正解という方法はありません。
前走の成績が犯人を炙り出す時もあれば、それが逆に足かせとなって誤った判断を下してしまうこともあります。
ここに競馬予想の醍醐味があるのです。
また、競馬予想に関してはキャリアは関係ありません。
馬券が外れてばかりの競馬歴30年よりも、馬券がバシバシ当たる競馬歴1年の方が上です。
無駄な知識をひけらかすだけの予想家は不要です。
要は当てられればいいのです。
こうして今日も、容疑者の中から犯人を炙り出す作業に没頭します。競馬とは、崇高な推理小説なのですから、、、
と、このように競馬予想を考えてみると面白くかんじるのではないでしょうか?
とくに、男性が女性を競馬に連れて行った時に、このような切り口で教えてあげると、興味をもつかもしれません。
だって、競馬に興味のない女性からすれば、まったくちんぷんかんぷんなわけですから。でも、これがきっかけで競馬好きになるかもしれませんよ!


30代 女性 主婦

競馬予想は私の中で最大の楽しみ


子供の抱っこ
みなさんは競馬にかかわる中で、どんなときが一番楽しいでしょうか。
レースで馬が駆ける姿を見るときが一番楽しいと思う人もいるでしょうし、当たった馬券の払い戻しの瞬間が、一番楽しいと思う人もいるでしょう。
ちなみに私が一番楽しいと感じるのは、競馬予想をしているときです。

どの馬が馬群を引っ張っていくのか、本命馬はどんな位置を確保する展開になるのかなど、競馬予想というのは、実は頭の中でレースが行われている状態なのです。
いつも逃げている馬が、もしも出遅れたらどのような展開になるだろう。

万が一本命馬が折り合いがつかず、道中で掛かってしまったら。
さまざまな可能性を考慮し、頭の中で何度もレースを行えることが、競馬予想最大の楽しみなのです。


もちろん、現実のレースが行われているときも楽しさは感じています。
しかしもっと楽しいのは、その現実のレースが、自分の予想したとおりの展開になっているときです。
何ともいえないシンクロ感がたまりません。
馬券の当たりハズレも当然重要なことですが、競馬予想を楽しみの中心に据えていると、それほど大きな金額をつぎ込む必要もなくなるのです。

競馬の楽しみ方は、本当に十人十色です。
このように競馬を考えてみると、たとえ当たっても外れても、競馬は楽しいといえるようになるのです。
もちろん賭け金は少額の場合ですよ。
競馬は一口100円からできますから、ギャンブル性よりも、楽しむことを前提にすれば、人生を崩壊させずに、たっぷり楽しめます!
私はこれからも、競馬予想を最大の楽しみにしながら、競馬にかかわっていこうと思います。